2013年12月7日土曜日

ガリベンタイム。

学校が始まってまだ3ヶ月。

信じられないくらい濃いぃぃ。

週7で学校に行っていたここ最近。

久々家でのんびりサタデーでございます。


もうすぐ冬休みで一息つけるのかと思ったけど、

なかなか手強そうな課題がでたので、

結局やっぱり、ファンデが終わるまで一息つけることなんてないのかなとw





"bespoke"

というプロジェクトで作った作品。

これが初めてワークショップを使った

”作品”。



今までも紙や、針金、石膏とかで

モデルを作ることはあったけど、

作品ってより”工作”って感じだったw


プロジェクトのさいごにはプレゼンと批評。

わしが先生から言われたのは

”I hate final piece!!”  だったww

はい、詰めが甘い性格がもろにでまして。

表向きはそれなりでも、裏をマスキングテープでとめてたりしたもんで、

”美しくない!!”

とのことでしたww



毎回プロジェクトをやるごとに失敗&スランプ&パンクetc,,,,

ほんとに毎回いろんなパターンでわしをうーむとさせるやつらが出現。



でも、このうーむ要素に毎回勉強させてもらっている気もする。




”bespoke”の前のプロジェクトではプロダクトデザインを選んだんだけども、

このときは完全にイトが切れてしまった。

時間はあったけど集中力が完全に切れてしまったのです。

脳みそ完全ショート。

結果スウェーデンに逃避w


ホストファミリーや、

わしを10キロ以上太らせたじゃがいもたちと再会してリフレッシュ。


スウェーデンのことはまたべつで書こうかねぇ〜

余談でございました。





あ、そんでそんで。

飽き症なわしには特に、

アイデアや作業は生もので、

賞味期限のようなものがある。



”いい!”と思えてる期間、

作っていて楽しい期間、

集中できる期間ってのは限られていて

その間にやってしまわないと

腐ってしまって、いいとは思えなくなってしまう。





これをふまえて“bespoke”プロジェクトに望んだのです。

”time planning”

に気をつけながら。


で、このプロジェクトからは

自分のできる作業量ともっている時間、

それと作ろうとしてる作品のアイデア、

この3つのバランスを考えること。

これを学んだかな。


わしは欲張りだからイロイロな要素をつめようとしすぎてしまう。

こだわるところにこだわりすぎて、最後はバババっとなって詰めが甘くなる。

その結果が"ugly final piece"です。w


ってなわけで、次はそれに気をつけて課題に取り組もうかね〜と思っとります。

毎回毎回ほんとに学ぶことが多い。

学校ってこんなに学べるところだったんだと思うばかりっす。

いまさら、はは。



さてさて、もうすぐ引っ越し。

次の更新は新居から!?



ブログの詰めも甘い気が〜では!


















0 件のコメント:

コメントを投稿